抹茶みるくの、ここからログ

心も身体もここから元気に♪

何故イボにオキサロール軟膏処方?使用方法を間違えると効果なし。皮膚科で教わった塗り方があります。

calendar

reload

何故イボにオキサロール軟膏処方?使用方法を間違えると効果なし。皮膚科で教わった塗り方があります。
  1. こんにちは(*^^*)

このブログの中でもよく読まれている一つにイボに関する記事があります。

実録なので、おすすめの治療法かどうかはともかくお役に立てているのかもしれません。

で、気になったんですがウイルス性イボと診断されてオキサロール軟膏(マキサカルシトール)を処方される方が多いように思います。

オキサロール軟膏って結局どんな薬なん?

お医者さんは何故やたらイボにオキサロール推しなん?

…て思いませんか?

スポンサーリンク

イボに対するオキサロールの効果

オキサロール

オキサロールは「角化症」という皮膚病を治療するお薬です。

…イボじゃないんかい!

そして、区分としてはビタミン剤です。

…ビタミン剤。

ホントに効果があるんでしょうか??

イボによって変質した細胞はどんどん増えてイボが巨大化もしくは増殖していきます。

オキサロールは正しくは「活性型ビタミンD3の誘導体」といってこれが異常な細胞の増殖を抑えてくれるのだそうです。
ただし、角化症での細胞増殖を抑えるのが目的なのでイボでもこの効果があるのかは分かりません。

皮膚科の先生にオキサロールについて聞いてみました

私「先生、これはどういうふうにイボに効くんですか」

先生「オキサロールがウイルス性イボに効果があるという報告が上がってきてるんやわ」

なぜ効果があるのかに対しては、全く触れない先生。

実際に皮膚科用の医学雑誌に「オキサロール軟膏というビタミン剤の塗り薬を塗って密封するとイボが改善した」という報告があるそうです。

しかし、オキサロールのみでのイボの完治は難しいように感じます。
後でオキサロール以外に処方されたもの、使ったものも紹介します。

オキサロールの使い方、塗り方

透明の軟膏

オキサロールの塗り方ですが、薄く塗るとかすり込むのではありません。
どんなに朝晩こまめに塗っても塗り方を間違っていれば効果はありません。

患部にこんもり盛ってそれをなるべく乾かさないようにするのが良いそうです。

我が子の場合は足の裏だったので、オキサロールを多めにイボの上にのせてからガーゼ、その上にラップをしてからメッシュポアテープで塞いでいました。
朝とお風呂上りに塗ってガーゼを変えていました。

オキサロールを塗っているとどうなったか

本来のオキサロールの効果である細胞の増殖を抑える、という作用よりは角質の軟化作用がてき面だったように思います。

真ん中はフサフサで淵がカチカチしていたイボが、中も淵もふにゃふにゃとふやけた感じになっていました。

それを見た皮膚科の先生はここぞとばかりに皮膚キュレットでグリグリグリ~っとイボを削ったんです。

そこからは自宅でもオキサロールで軟らかくなったイボを削る、という荒療法で大きいイボだったので2か月ほどはかかりましたが治りました。

因みに、イボをほじると他の場所にうつってしまう可能性があります。
イボを触るときは必ず、その後の手洗いやその他の場所に菌がつかないように最新の注意を払ってくださいね。
※当サイトはイボほじりを推奨しているわけではありません。

オキサロールを塗布する際の注意点

皮がめくれる

オキサロールは腎臓にトラブルがある人や高カルシウム血症、または皮膚バリア機能の低下している人などは少しずつ塗って、適量まで増やしていくようにしないと副作用が出やすくなります。
またアレルギーのある人も注意が必要なので医師には伝えるようにしましょう。
このオキサロールは市販薬としては購入できませんが、個人輸入などでは購入できるところもあるようです。
このような副作用の危険性、使用注意などもあるので勝手に使うことはおすすめできません
引用:http://www.psoriasisnot.com/kusuri.html

オキサロールは正常な皮膚に塗ると良くありません。

正常な皮膚がふやけた感じになりベロベロとめくれてきます。

なるべく正常な肌に薬が付いた状態にならないようにしてください。

といっても、こんもり塗ったりするので患部の周辺には必ず付いてしまいます。
神経質になる必要はありませんが皮がめくれるので注意です。

オキサロールと同時に処方されたもの

ヨクイニン エキス散 コタロー

ヨクイニンエキス散「コタロー」

ヨクイニンはイネ科のハト麦の種子で、植物由来なので副作用もほとんどないとされています。

まれに胃の不快感や下痢が出ることもあるようです。

ヨクイニンがイボに良いというのは本当によく聞く話なので、皮膚科の先生にお願いしてみました。

私「ヨクイニン下さい」

先生「あれね、効果を出すには量が必要なんですよ。だから小さい子供には向かないよ」

私「そうなんですか…(しょぼーん)」

先生「試してみる?」

…処方してくれるんかいっ!

通常、成人で3.0~6.0gを一日三回に分けて服用するらしいんですが我が子4歳に処方されたヨクイニン「コタロー」の量は1回2.0gを1日3回でした。

…お、多い。大人の飲む最大の量じゃないか…

漢方なんて絶対子供嫌がるし、こんな大量を1日3回も飲んでくれるだろうか…と心配しました。

しかし、子供は「きな粉みたーい♪」といって大喜びで飲んでくれていました。

ヨクイニンの効果かは分かりませんが、飲んでいない上の娘より飲んでいた下の子の方がイボの完治が早かったです。

ヨクイニンは市販でも売っているのでイボに苦戦しているときは試してみてください。

真剣に祈るとイボが治るらしい!

声に出して「イボ無くなれ、イボ取れろ」と真剣に祈ることでイボが治るとされています。
何だかこれって「引き寄せの法則」に少し似ていませんか(*^^*)

信じることによって自己免疫力が活性化され、イボが治ると書かれている本があります↓

Amazonでは、この赤枠で囲っている「なか見!検索⤵」をクリックすると本の中を画像で見ることができます。
中身検索

皮膚科の平松 洋先生が書かれているこの本は、しつこく治らないイボに悩まされている人必見ですよ!

関連記事

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す