保育園の先生が我が子を「愛情不足の典型ですね」と鼻で笑った話。

シェアありがとうございます!

こんにちは(´▽`*)

衝撃的なタイトルですが、事実のお話をさせていただきたいと思います。

保育園の先生に我が子を「愛情不足」だと言われました。

先生にこの言葉を言われた後、深く傷ついて悩み、息子の寝顔を見るたびに涙が出て、ごめんねと言っていました。
正直かなり追い込まれていたと思います。

が、ある人のある質問で気が楽になりました。
世の中には打ちのめす人と助けてくれる人がいるもんです(*^^*)

保育園の先生に愛情不足と言われたのは息子が3歳になった時でした。
忙しいなりに一生懸命子育てしてきたつもりだったし、意識したこともなかった愛情不足という言葉。

愛情不足の典型ですね」

フルタイムで仕事を終えてクタクタになりながら最終で迎えに行ったその日。
ベテラン先生のお膝に座っていた息子が「ママー!」と嬉しそうに駆け寄ってきました。

私が「ありがとうございます」と先生におじぎをしたとき
「この子、愛情不足の典型ですね」と鼻で笑って横目でこちらを見た先生の顔を私は今でも忘れられません。

仕事が忙しくなって、バタバタの連続だったから?
朝一番から最終まで保育園に預けっぱなしだから?

頭の中でぐるぐるそんな疑問が回って、私の心を傷つけていきました。
怖くて、「どういうところが愛情不足の典型なのか」を聞く気にもなれませんでした。

先生もそれ以上何もおっしゃらなかったので、ただ「ああ、そうなんですね」と返して帰ったんです。

愛情不足だと思われた特徴や症状

  • 爪をかむ
  • お友達にちょっかいを出す
  • 私に抱っこ抱っことせがむ
  • 先生や他の保護者にも甘えてベタベタする
  • じっと座っていられない
  • ダメ!と言われたことをする
  • 注目されるような行動をする
  • チックのような症状がたまに出る

こうやってあげてみると、先生が愛情不足と思うのも仕方ないのかな…と思ったりもしました。

愛情不足の原因は何か

先生の言葉と子供の行動を見直して、心配になった私は色々自分の行動を振り返りました。

例えば・・・

  • 子供が話しかけて来たら必ず振り向いて聞いていたか
  • 適当に返事したり相槌をうっていないか
  • 遊びに連れていく頻度は少なすぎないか
  • 子供の要望をどれだけ聞いているか
  • 肌に触れあってスキンシップをとっているか など

やはり忙しいのを理由に、あまりかまってあげられてないんだろうと思いました。

後は「早くしなさい!」とか「いいかげんにして!」などガミガミ言っていたりバタバタしている間しかめっ面もしていたと思います。必ず子どもの「ママ~」という呼びかけにも応えられていなかったように思いました。

なので普段からなるべく子供の話をよく聞いたり、いっしょに歌ったり、何か作ったり、テレビも意見を交わし合いながら見たり、お休みの日は一緒に遊びに出かけました。

子供たちと一緒にたくさん笑える空間を作る努力をしました。「愛情不足」と言われる前からしていたこともありますが、意識しながら子供と触れ合うようにしました。

先生の言った救いようのない言葉

そうして毎日意識して生活していましたが、息子の様子は特に変わることは無かったんです。
相変わらず一日中バタバタ走り回って先生を困らせています。

みんなが座っているときに立って動いたり、お歌の時間に違うことをしたり、食事も落ち着いて食べられない。
息子の行動を説明してくれるベテラン先生に、私は「毎日色々言い聞かせたり話をしたりしているので、良くなってくれると長い目で見ています」と答えました。

するとベテラン先生はこう言ったんです。
「こういう子はずっとこう。長い目で見ても一緒ですよ」

「どうするんですか?この子」

もうね、頭を鈍器で殴られたかと思いました。私が何も言い返したりしないからなのか、ここまで言うか?と。

でも、やはり保育のベテランが言う事なので不安になりました。

児童相談所へ相談に行きました

「児童相談所で育児の相談をしたことがあるよ!必要に応じて療養など紹介してもらったりして相談してよかった」
と知り合いの人に聞いて相談所に電話すると,すぐに家に訪問して下さり様子などを話しました。
それから日時を決めて後日相談に行きました。

できるだけ普段に近い姿を見てもらいたかったので照れないよう男の人に担当してもらい、話をしました。
発達障害のテストもしてもらいました。

そこで、保育園の先生に言われた言葉を伝えると担当の男の人は目を丸くして言いました。

「他人に愛情不足かどうかなんてわかるとは思えませんよ。
お母さんはお子さんへの愛情が不足してると思いますか?

私は「いいえ」と答えました。

そうです。私は私なりに愛情を示してきたつもりでした。

すると担当の男の人は

「そうですよね」と笑ってくれました。

ベテラン先生に鼻で笑われた時とは明らかに違う笑顔で、私は心が洗われるような気がしました。

担当者さんからいただいた言葉は私の心を軽くするものばかりでした。

  • 子供の欲しがる愛情には個人差がかなりある
  • どんなに愛情を与えてももっと欲しいと思う子もいる
  • 愛情を与えていると思っていても子供自身が欲しがっているものと違うと子供が不足だと感じることがあるが、それは母親が悪いわけではない
  • 子供の愛情の器に必ずしも合わせなくていい、お母さんができるだけでよい

相談中ずっと泣き出してしまいそうなのをこらえていました。

子供のことは私が一番よく見ている。自信を持とうと思いました。

その後

発達障害テストの結果を聞きに行く時も、私の仕事が終わる時間に時間外で予約を入れてくれてそこからまた丁寧にお話を聞いてくださいました。

児童相談所のほうから園へ説明に訪問していただきました。

ベテラン先生はその後もちょくちょく皮肉めいたことを言ってきます。
きっとうちの子の行動に目を光らせ、注意も沢山してくれていて、皮肉の1つも言いたくなるくらい手をかけてくださってるのだと思います。

そのたびに私は「こういう子なので頑張ってみていきたいと思ってます」と返しています。

ベテラン先生の言う「こういう子はずっとこうだから」というのはあながち間違っていないと思います。

きっと、小学生になっても中学生になってもやんちゃだろうな。

想像がつきますが、そういうことともしっかり向き合っていきたいと思います。

あ~沢山呼び出される日がくるのかな。

でも愛情はしっかり与えていってあげたい。

他人に愛情不足なんて言わせません。

おすすめ記事

シェアありがとうございます!

フォローする

関連記事



コメント

  1. いわし より:

    ひどい先生ですねー。
    手のかかる息子さんみたいですが、それを親の愛情不足って断言するって…。信じられません。
    抹茶さん、大人!
    よく受け止められていますね。
    私だったら、皮肉が続くようなら園長か役所に伝えるかも。。(・_・;
    毎日家でも職場でもいっぱいいっぱいの働くママに、追い詰めるような発言はいかがなもんかと。
    それにその先生、明らかに息子さんへのイライラを抹茶さんにぶつけてますよね。その行動自体が、保育者としての資質に疑問。ちょっと怖いです。
    ちゃんと保育士の研修受けて、知識のブラッシュアップしてますかね?

    …熱くなってすみません。でも、最近親を追い詰めることは間接的な虐待につながるんじゃないの、なんて思ってます。
    もっとのびのび子育てしたいもんです。

    かわいい男の子をこれからも大切にしてください!
    私も記事を読んで、ちょっと元気もらいました

    • matcha milk より:

      いわしさん、コメントありがとうございます!
      愛情不足と言われた瞬間に、今までの寝不足での授乳や毎日のハグとかキスとか、寝顔を見てキューンとなっていたこととか、一緒に笑いあったこととか、あれは何なんだろうと思いました笑
      でもね、私が思ったのは上記のことは私が一方的にあげている愛。もしかしたら息子が望んでいる愛情とはズレちゃってるのかもしれないなぁって。
      なんだか反省してしまって言い返したり、苦情とか言えないくらいに落ち込んじゃったんですよね…
      保育園の先生の発言としては、ハッキリ言って最低だったと思います。
      だから、他のお母さん方に同じ発言して欲しくないな…この記事が先生まで届くといいなと思いながら書きました。

      息子も小学校に上りました。
      相変わらずやんちゃで、先生からの電話もよくありますが本当に元気で楽しそうに学校へ行っていますよ♪
      まだまだ幼いうちにしていいこと、悪いことしっかり学んで落ち着いていってくれたらと望んでます。

      息子も、私も日々反省することばかりですが楽しく過ごしていますよ♪
      お互いに子育て頑張りましょう!
      ありがとうございました♪♪

  2. からあげ より:

    ベテランの先生は手を焼いているのかもね。
    先生も人間だからと思っても保護者としてはそんな人に預けたくないと思ってしまう。
    反面親にはしつけもう少し頑張って〜(⌒-⌒; )とも思ってしまう。
    我が子でもない子どもが手に負えない子だと先生は大変なのはわかるけど、かける言葉で受け取る相手がどう感じるかまでは意識がいかないものなんですかね。
    そういう先生にかぎってお気に入りの子贔屓したりとかありますしねー。
    うちの子は幸い問題行動注意されたことはありませんが、不器用で鈍臭いわりに口達者なので先生をイラつかせているようです(⌒-⌒; )
    担任先生のお気に入りの子、そうでない子への態度の違いは大人でもわかるほどなので(⌒-⌒; )
    抹茶さんのお子さんは合う先生ならお気に入りになりそうだなと思いました。
    今の先生と相性が悪いのかも?ですね。
    保育料あがってもいいのでもう少し人員増やして、先生方にも心の余裕がある、行き届いた保育をしてほしいと思う今日この頃です。

    • matcha milk より:

      からあげさん、コメントありがとうございます(*^^*)
      そうなんです。先生は手を焼かれていたと思います。
      しつけは、本当に思ったようにいかないもんですね~。特に小さい頃は興味などが先に立って動く動く!笑
      愛情不足の発言したベテラン先生は、実は担任の先生ではなくてフリー?の先生だったんですよ。手が足りない時や遅い時間にうちの子を見てくれていたんです。
      担任の先生は卒園までの間、うちの子にとても根気よく付き合ってくれました(*ToT)
      今でも感謝しています。

  3. さや より:

    こんな事を親に言う、鼻で笑うような人は先生ではないと思います。色々な人が居ますけど、保育園とは単に預かるだけでなく、一緒に育てるという意識がないと大事な時期の子供には悪影響に思います。
    そんな意識の高い先生ばかりでは無いのはわかりますが、本当に最低の発言です。
    どうしたら仕事で毎日頑張っている母親にそんな事がいえるんでしょう。
    私も息子が居ますが、なかなか大変ですよね。求めている愛情と与える愛情のすれ違い、新しい発見です(^^)

    • matcha milk より:

      さやさん、コメントありがとうございます。
      先生のこの発言に関しては本当に心が傷付き、自分を責めてしまったので悩んでいる母親、頑張っている母親に絶対行ってほしくない言葉です。
      みんな何かしら悩んで頑張って一生懸命子育てしているので、こういう発言をぶつけるのではなくて「一緒に頑張りましょう」って言って欲しかったなと思います。
      うちのやんちゃな息子は小学校へ上がってもかなりのやんちゃっぷりを発揮していますがそれでも元気で笑顔でいてくれるので何よりです。
      人の迷惑になるようなこと、危険なことはしっかりとダメだと言い聞かせて、そのほかはのびのび育っていってくれたらと思います(*^^*)
      今は、息子が「ママ~」と話しかけてきたら必ず振り向いて返事をする、あなたのことを見ているよってことのアピールをしています。
      意思疎通がしっかりできるようになってくると少し楽になった気がします(*^^*)

  4. きらり より:

    私は4歳の娘がおり、幼稚園教諭をしています。
    子どもに携わる仕事をする者として、その保育士さん…残念です。そういう方、いるんですよね…。申し訳なく思ってしまいました。
    先生として働いて10年近く経ちますが、たくさんの子どもたちと出会ってきて思うことは、子どもは変わるってことです。やんちゃな子も、おとなしい子も、落ち着きのない子も。どんな子も、絶対に変わります。ぐんぐん成長する子もいればスローペースな子もいますが、それは個性。成長しない子なんていませんから!
    …なんて偉そうにスミマセン( ¯−¯٥)
    抹茶さんのお子さんも、これからの出会いや出来事でどんなふうに成長していくのか楽しみですね。
    私も先生と呼ばれる仕事ながら、我が子の育児に関してはダメダメで反省ばかりですが、日々愛情は注いでいるつもりです。娘もどんなふうに成長するのやら。
    育児も仕事も、お互い頑張りましょうね!

    • matcha milk より:

      きらりさん、コメントありがとうございます。
      暖かいお言葉ありがとうございます、心が救われます(*^^*)
      本当に少しずつ、少しずつですが確実に成長しているのを感じています。

      最近は、周りの人たちに「うちの子やんちゃなんです、だけどすごく可愛いです」と声に出して言うようにしています。
      こんなところあるけど、可愛いって繰り返して口に出しているうちに本当に心が軽くなってくるんです。
      そしてもちろん子ども自身にも「大好き」「大切」と繰り返し口に出して言うのを心がけています(*^^*)
      私がどんなに愛情を注いでいるつもりでも、子供がそれ以上求めるタイプなら子ども自身が不足を感じてしまうかもしれないし、口に出さないと伝わらないと思って「大好き、大好き」と言っています。
      どんなふうに成長していってくれるのか、本当に楽しみですね♪
      お互いに頑張りましょう!!ありがとうございました♪

  5. stranger より:

    通りすがりの者です。
    うちの小学校高学年の娘が、忘れ物が多い、宿題をしてこない、お友達とトラブった等、小学校から呼び出しがある度に先生方から必ず「お母さんの愛情が足りない」と言われてきました。母子家庭になってから頼れる親もおらず、正社員で働きながら、両親やおじいちゃん、おばあちゃんがいる子達と同じようにとはいかずとも、私ができる精一杯のことをしてきたつもりです。でも昨日、また「お母さんの愛情不足」と言われて(それを言われると自分自身と、今までしてきたこと全てが否定されてるようで落ち込むんですが)今日、何気にその言葉を検索していたら、ここにたどり着き、そして児童相談所の先生のお話を読み、心が少し救われました。ありがとうございます。昨日は、「長い目で」「急かすことなく焦らず」といった私の気持ちを話したら、先生方に「こうしよう!という目標も持てず、実のある話になりませんでした」と言われて、いやいや、目標も決めましたよね?と思いつつも、一度「子に愛情を注がない母親」のレッテルを貼られたら、卒業するまでそう見られるんだろうな、と思いました。いいんです、周りになんと思われようと。ただ、子供が「ママは私を愛してない」と思うことが一番ツライですね。私がかけている愛情と、子が求めている愛情の違い、そして、もっともっと愛情を求める子。子育てって難しい、と小学校高学年になって初めて思いました。そんな気持ちを落ち着かせていただき、感謝です。ありがとうございます。

    • matcha milk より:

      strangerさん、コメントありがとうございます!
      私と同じく母子家庭で頑張ってこられたんですね。共感する言葉が多くこちらこそ力をもらいました。ありがとうございます。
      子供に愛情の無い母親が、「愛情不足」について検索なんてするでしょうか。
      愛情不足といわれて、今までしてきたことすべてが否定されているよう…という気持ちが痛いほど分かります。
      ひどい事を言う先生がいるもんですね!!
      しかも、何回も言うだなんて腹が立ちます。
      私も正社員で働きながら少ない時間を子供とのコミュニケーションに使っています。
      仕事中も子供の顔を思い浮かべて癒されるし、早く帰って顔を見たいと思います。
      私も上の子が高学年の女の子なんですが、高学年ともなると特に反抗期であったり大人びてきて難しくなってきますよね。
      私が気をつけていることは、心の中だけで「大切だよ」「大好きだよ」と思っていても伝わりにくいということです。
      大人になれば気付くんですが…
      なのでなるべく本人に「ママは、○○ちゃんが大事」ということを声に出して伝えています♪
      母子家庭は一人で何役もしなければならず、変なレッテルも貼られがち、精神的にも肉体的にも強くならなきゃやってられないですよねっ!!
      お互いに頑張りましょうね!!!

      • stranger より:

        返信、ありがとうございます☆心が、ほっとしました。そして、ハッとしました。「心で思っているだけでなく言葉で伝える」
        小学校低学年の頃、寝る前に「おやすみ、ママの可愛い子供達」と声をかければ、キャッキャ喜んで寝ていたことを思い出しました。少し大きくなって手がかからなくなった分、そんな言葉もなくなっていたな、と。手が離れた分、気持ちはもっと近くに寄らなきゃいけないんだな、と。愛情「表現」不足ですね。娘がキャッチできるように言葉に出そうと思いました。温かいお言葉を含め、ありがとうございました☆

        • matcha milk より:

          strangerさん、コメントありがとうございます。
          愛情「表現」不足!使わせていただきます♪
          子供に愛情を感じさせてあげるって大切ですよね!!
          これからも子供たちを大切にしていくぞ~♪

  6. ちい より:

    はじめまして。
    うちの娘は小4なのですけど、最近友達関係で仲間外れされたりで悩んでて色々検索してたどり着きました。

    うちの娘も、学童保育に行っていた小1の時に同じことを学童の先生に言われました。
    おとなしい子を泣かす、他のお母さんにベタベタ甘える、などがあったそうです。
    その二つの行動もショックでしたが、何より愛情不足と言われたことに自信を無くしました。
    一人っ子で、目や手を掛けてたつもりだけど、毎日学童保育が寂しかったのか、私が疲れて適当な返事をしていたからか?とか。
    明らかなネグレクトや無視とかじゃないなら、愛情不足では無いと思いたいですよね。
    それ以来、話をよく聞いたり、家事優先せず遊び相手したり私自身も気を付けるようにしました。

    ベテラン先生は、保育のプロとして保護者への言い方とか配慮が足りないと思います。失礼ですよね。どれだけお母さんが傷つくかという想像力が無い。

    お互い育児と仕事頑張りたいですね(^^)

    • matcha milk より:

      ちいさん、コメントありがとうございます♪
      子供って色々なサインを出すと思うんです。甘えるとか、友達泣かせちゃうとか。
      だけど、それを愛情不足の一言で片付けるのはとても安直だと思うんですよね…
      その一言を言われた母親がどんなに傷つくのか、本当に想像力が無いと思います。

      こうやってお子さんのことで悩んで私のこの記事にたどり着いて来られるお母さん、お父さんに愛情不足の人なんていないと思いますよ!
      このようにコメントもいただいて、感謝の言葉をいただくこともありますがこちらこそ元気をもらい感謝の気持ちでいっぱいです。

      これからも育児に仕事にお互い頑張りましょう♪♪

  7. MALKING より:

    マッチャミルクさん、すごいよ。
    「きっとうちの子の行動に目を光らせ、注意も沢山してくれていて、皮肉の1つも言いたくなるくらい手をかけてくださってるのだと思います。」この言葉、私にはでてこない
    (´;ω;`)謙虚で尊敬します。
    今月から5ヶ月の息子を保育園に預けている者です。はやくも、少し先生方が苦手でいます。がもし、このような言葉を浴びされたら、私もマッチャミルクさんのように、謙虚に凛としたいと思います。勉強になりました。m(_ _)m

    • matcha milk より:

      MALKINGさん、コメントありがとうございます。
      謙虚と言いますか、当時気が弱いがためにそのように思ってなるべくプラスに考えようとしていただけかもしれません(^-^;
      ただ先生との仲が良好なほうが子供も気持ちよく預かっていただけると思うので…
      年長の時の担任の先生は、私がたくさん相談したり先生にいつも感謝の気持ちを伝えていたからか本当にやんちゃな息子のことを気に掛けてくださって助かりました。
      小学生に上がった今も担任の先生には感謝の気持ちをたくさん伝えています。
      親と先生の関係が良好だと、子供も安心して保育園や学校へ行けると思うのでお互い頑張りましょう(*^^*)♪
      コメントをいただくととても嬉しいです、ありがとうございます(*^^*)

  8. りり より:

    こんにちは、
    私の場合も保育士さんに、
    大人しく自分で本ばかり読むという事で心配されました。
    しかし、
    面と向かって愛情深くではなく、
    皮肉たっぷり、悪い親、ひどい親、
    そういう感じで表現され、
    どん底に突き落とされた気持ちになりました。
    私は本が好きで、子供にもその楽しみを教えてあげたくて、沢山本を読んであげていて、
    子供が自分ひとりで読めるようになり、
    きっと誇らしく本を読んでいたと思うのですが、
    悪い方悪い方に考えられちゃうもんですね。
    面談でも非常に苦しみ、勉強系の幼稚園に転園しました。
    そこではみんながかなりの識字率?で、
    本が大好きな子が多く、
    先生も話方が穏やかで心底安心できました。

    家庭それぞれだから、
    合う環境って大事だなあと思いました。

    • matcha milk より:

      りりさん、コメントありがとうございます!
      本を読む子供、私は大好きです!自分の娘が本を読んでいる姿が本当に好きで、本を読んでいる間は私も自分の本を読んだりして空間を共有しています(*^^*)
      本当に家庭はそれぞれで、環境もそれぞれですからね。
      その保育士さんは自分の先入観だけで話してしまっている気がします。
      親のメンタルを攻撃するのはやめてほしいですね…
      子供のためにも親を落ち込ませてはいけないと思うんですよね…
      転園されて環境がお子様にとって合う環境になり良かったですね♪
      親である私たちが子供のことをプラスにとらえていってあげたいと思いました。