抹茶みるくの、ここからログ

心も身体もここから元気に♪

Amazonプライムビデオの視聴制限がうまく機能しない【PINについて】

calendar

reload

Amazonプライムビデオの視聴制限がうまく機能しない【PINについて】

こんにちは(*^^*)

Fire TV Stick(ファイヤーティービースティック)を購入してから、生活が充実している抹茶みるくです。
色々ありましてボックス型のAmazon Fire TVに乗り換えてからはストレスフリーで最高の映画、ドラマ観賞生活を送っています。

しかし、小さなお子さんがおられるような家庭だったりするとどうしても見せたくないものが混ざって出てくるのでは?と思います。

スポンサーリンク

プライムビデオのホームにホラー映画がおすすめされる

我が家では私がホラー好きなため、トップページに怖い画像が出てくることもチラホラ…

ウォーキングデッド見てた次の日には、おすすめにも次に観るにもゾンビが並ぶ。

どうにかなりませんかね…ということで、毎回視聴後に良い環境になるよう処理するようにしています。

これは子供のいる環境では、必ず必要になります。

プライムビデオの視聴制限を活用したい

…何故「活用したい」と願望系のサブタイトルになっているのでしょう。

これは現状で、Amazonビデオの視聴制限がちゃんと役割を果たしてくれないからなのです。

とはいえ、決してレーティングを6歳以下推奨にしているのに成人向けコンテンツが見れてしまう!というわけではありません。

fire tv stickレーティング02

上の画像のように子供から大人まで誰でも見られる番組だよ~ん!というレーティング、Generalに視聴制限を設定したとしても視聴できない子供番組があります。

子供向けなのに視聴制限がかかる

子供向けアニメのクレヨンしんちゃんは青少年を対象をしているレーティング:R15+であってもPINの入力が必要でした。

その他、ファミリー向けだとおススメされている商品でもPINの入力を求められることが多々あり、連続した短いアニメだと毎回始まる前にPINを入力してあげなければならないので、かなりの手間になります。

プライム独占配信のクレヨンしんちゃん外伝に至っては、1話が8分ほどしかありませんから!

…食器洗ってる途中で「ママ~!見られない~!」

…ハンバーグこねているときに「ママー!次付けてー!」

…空気読んでくださいよ~( ;∀;)!!

Amazonに文句を言ってやる!

な~にが視聴制限だ!!

ということで、意気揚々とカスタマさんに連絡するとすぐに折り返しの電話がありました。

…いや~連絡したらすぐ電話かけてきてくれるん、カスタマさんすごいわ~(*´ω`)

「いつも何度でも(ジブリか)ご丁寧に対応していただいてありがとうございます~。ちょっとお聞きしたいんですが、視聴制限でレーティングが…PINを求められて…ぇえ、これってどうしてなんでしょうか~」

という感じで問い合わせてみると、返ってきた答えはAmazonシステムの不具合の問題で、現在原因究明中とのことでした。

やはりこういった問い合わせは多いのでしょうね。
Amazonの方でも現状は把握しているものの、システムの問題で解決に時間がかかっているそう。

じゃあ、待つしかありませんな。

我が家のプライムビデオ視聴制限対策

  1. Fire TVでプライムビデオを見るときにママが同じ部屋に居るときは視聴制限を外す(必ず監視できるため)
  2. 私が一緒にいてあげられない時はレーティング:Generalに設定しておき、観られないものは諦めてもらう

まぁ、とりあえずしばらくはこの方法で行きます!

YouTubeなどアプリを使って見るものも、悪影響のあるものが多数あるのでアプリの起動や、間違って子供がAmazonビデオをレンタルや購入をしてしまわないようにPINを設定して保護しています(*^^*)

商品購入やアプリ起動だけをPINで保護する方法

「機能制限」をオンにすると商品購入の制限やアプリ起動の制限だけではなく、自動的に「視聴制限」がかかるのが少し厄介ですよね。

「機能制限」をオンにし、更に「商品購入をPINで保護」や「アプリの起動をPINで保護」の項目を必要に合わせてオンにします。

自動的に視聴制限もかかっていますので、下の画像のように全ての視聴制限を「Mature(成人向け)」まで開放してください。

視聴制限設定

これで購入やアプリ起動などだけをPINで保護することができます。

まとめ

情報があふれて、誰でもが何でも見られるようになった社会なのでやはりママである私が守ってあげないとね(^_-)-☆

「キャー!!ママ~!テレビ付けたらゾンビうつってる~!!!」

「ぎゃー、ごめん!!でもそれゾンビちゃう、ウォーカーや!!」

※Amazon Fire TVの価格が安くなったみたいですね(^-^)

おすすめ記事

関連記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す