抹茶みるくの、ここからログ

心も身体もここから元気に♪

Amazon Fire TVが快適すぎる!Fire TV Stickとの【比較動画あり】どちらを購入すれば良い?違いをレビュー!

calendar

reload

Amazon Fire TVが快適すぎる!Fire TV Stickとの【比較動画あり】どちらを購入すれば良い?違いをレビュー!

こんにちは(*^^*)

分かりやすく新型Fire TV StickとAmazon Fire TVの比較をしています。
旧モデルとの比較動画もありますのでどれくらいの違いがあるのか参考にしてみてください。

Fire TV Stickっていったい何?何ができるアイテムなの?という方はこちらをご参照ください。
>>Fire TV Stickとは何かが分かる!できること、使い方、購入方法などまとめ

先日、スティック型の『Fire TV Stick(ファイヤーティービースティック)』から、ボックス型の『Amazon Fire TV(ファイヤーティービー)』に乗り換えました。

『Fire TV Stick』があるにもかかわらず『Fire TV』を買ったのは何故か…

『Fire TV Stick』と『Amazon Fire TV』を両方使用して気付いた違いと、なぜボックス型に買い替えたのか分かりやすく比較し、レビューしています。

スポンサーリンク

Fire TV StickとFire TVの違い

Fire TVシリーズのページで詳しい比較がありますので、ここでは素人目線で率直に使った感想や違いを書いていきたいと思います。是非参考にしてみてください。

Fire TV StickとAmazon Fire TVの比較

fire tv 違い

※この表のAmazon Fire TVは旧型のものです。新型のFire TVは価格が8980円、外部ストレージ、USBポートはなしです。

黄色の部分は旧型Fire TV Stickから新型になりグレードアップされた部分です。

新型Fire TV StickはWi-Fiが高速のWi-Fi規格であるIEEE802.11acに対応した上にクアッドコア搭載でパワーアップしていますが、メモリは1GBのままでAmazon Fire TVとの大きな差になっています。

Fire TV Stick(NEWモデル)、Fire TV(NEWモデル)は別売りのイーサネットアダプタを使用することにより有線LANでつなぐことができるようになりました。
旧モデルのFire TVは本体にイーサネットが付いているのでアダプタは必要ありませんでした。

別売りのイーサネットアダプタは2017年10月25日発売です。

>>Amazon Fire TV を見てみる

>>Fire TV Stick(NEWモデル)を見てみる

Amazon Fire TVのNEWモデルが登場!!

10月25日に「Fire TV(NEWモデル)」が発売されます!
現在予約受付中ですよ♪


>>Fire TV (New モデル)を確認

NEWモデルは値段が大幅に安くなっています。

>>Amazon Fire TV (旧型)はこちらから

参考新型Fire TVと旧型Fire TVの違いは?価格が大幅値下げ、大きさもコンパクトに。

Fire TV StickのNEWモデルが登場


ついにFire TV Stick2が日本にもやってきました(*^^*)
Fire TV StickのNEWモデルは4月6日に発売されています。

>>【Fire TV Stick2】新型 Fire TV StickはCPUがパワーアップ!旧型との違い、価格は?

Amazon Fire TVとFire TV Stick(NEWモデル)のプロセッサが同じなので旧モデルに比べるとかなりサクサク動いてくれそうですよね。

後に、Fire TVと旧型Fire TV Stickの比較動画を載せていますのでぜひ参考にしてみて下さい。

Fire TVの価格の違い

何といっても価格が違います。
『Fire TV Stick』がかなりリーズナブルで買いやすい価格なのに対して『Amazon Fire TV』は少し躊躇する値段です。

Fire TVシリーズが欲しい!だけど、どっちにしようか迷っているという方はとりあえず『Fire TV Stick』を選ばれるのではないでしょうか。

私の場合は残念ながらFire TV Stick使用中にノイズ音がするようになってしまい、Fire TVに乗り換えました。

>>Fire TV Stickでビー!というノイズ音がなるのでAmazonに問い合わせてみた。

ただ、Fire TV Stickは必ずしもトラブルが起こるわけではありませんし、レスポンスも新型Fire TV Stickになってかなり良くなっています。
この4980円という値段で、これだけ楽しめるなんて絶対買い!!だと断言できるシロモノなんです。

私がFire TV購入に至ったのも、Fire TV Stickを使用して良さを嫌というほど実感したから。
Fire TVに11900円の値段を出しても「それだけの価値がある」と分かっていたから購入しました。
※新型Fire TVは8980円です。

ただ、Fire TVにHDMIケーブル (オス・オス) (別売)が必要なのはもっとデカデカと書いておいてほしかった~!
無知な私はこれを買わずに本体を注文してしまい、届いたのにすぐには見れない状態に。
※新型Fire TVでは購入時点で付いているので必要なくなりました♪

保障期間の長さの比較

もうひとつ大きな違いと言えば、意外と知られていないのですが保障期間の長さがかなり違います。

Fire TV Stickは90日間

Amazon Fire TVは1年間

となっています。

ちなみに旧型のFire TV Stickは一年保障だったので新しくNEWモデルを買い換える方は90日間になっていることに注意です。

大きさ、見た目の違い

Fire TV StickとFire TVの大きさの比較です。
※Fire TVは旧型になります。

Fire TV StickとFire TV 大きさ比較

↓私の手で持ってみるとこれくらいです。

fire tv大きさ

Fire TVもそんなに大きくなくコンパクトです。
Fire TV

デザイン的にもシンプルで邪魔になりません。いつもはもう少し奥に置いています。

むしろ、Fire TV Stickをプラーンと付けているより見た目はいいかもしれません。
リモコンで操作すると、前面の一部が反応して白く点滅します。

据え置き型なので、テレビの熱の影響を受けにくく、そんなに熱くなりません。

↓こちらが新型Fire TVの見た目です。旧型と比べ3分の1程の大きさになりコンパクトでHDMI端子が付いています。テレビの裏にプラーンと付ける感じになりましたね(*^^*)

ゲーム

『Amazon Fire TV』ではハイパフォーマンスゲームができます。
ファイナルファンタジーのような容量の大きいゲームですね(*^^*)

ゲーマーとしてはぜひゲーム機としても遊んでみたいと思います。
専用のゲームコントローラーがあれば更に楽しめるゲームが増えますよ♪

もちろん、Fire TV Stickでもこのコントローラーが使えます(^-^)

Fire TV StickとAmazon Fire TVの対応アプリは現在Amazon Fire TVの方が500以上多いです。

4K、ドルビーデジタルプラス対応

『Amazon Fire TV』は4K対応、ドルビーデジタルプラス搭載。映画やドラマを対応のTVで高画質、高音質で視聴できるんですね(*^^*)
まぁ、私のところは対応のテレビではないので体感できていませんが…

容量の違い

本体の容量はFire TV StickもAmazon Fire TVも同じ8GBです。
違うのはFire TVにはmicroSDスロットが付いているということ。

AmazonのFire TVのページには次のように書かれています。

お気に入りのゲームやアプリを楽しむために、128GBまでストレージを拡張できます。ビデオや音楽、写真のダウンロードはできませんのでご注意ください。

Fire TVなら、microSDを使用して容量を増やせるのでアプリやゲームをガンガンダウンロードできますね。

※Fire TV(NEWモデル)にはmicroSDスロットはありません。

Fire TVのUSB端子

また、Fire TVにはUSB端子も付いています。

これはUSBフラッシュメモリの使用が想定されているもので、スピーカーを繋げたりゲームコントローラーを繋げたりするものではありません。
特定のアプリを使用することでUSBメモリ内のアプリやゲームができたり、動画が再生できるというもの。

※Fire TV(NEWモデル)にはUSB端子はありません。

Fire TVの快適さの比較

私が『Fire TV』を購入する決め手になったのが快適さでした。
『Fire TV Stick』だと、レスポンスが遅いために、間違って違うアプリや動画を起動してしまったりしていました。
これはもしかすると、メモリの問題で一度出荷前の状態に戻すなどすると改善するかもしれませんが、サクサク動くというよりは少しもっさりしているなぁという使用感でした。

その点『Fire TV』は、かなりサクサク動きます。
届いて初めて起動した日、あまりのサクサク具合に感動してしばらくリモコンで操作するだけでも楽しかったです(´▽`*)

とりあえず、動きが速~い!!!

下の方でどれくらい速いかの動画もアップしているので、良ければ見てみてください♪

※この感想は旧型Fire TV Stickを使用していた時のものです。新型Fire TV Stickを使ってみましたが旧型に比べかなり動きがスムーズになっていますし、半年使用してもトラブルはありませんでした(*^^*)

処理速度の違い

Fire TV Stickも新型になり、クアッドコアが搭載されました。
クアッドコアは旧型のデュアルコアに比べると処理速度が格段に早いです。

Amazon Fire TVはメモリがFire TV Stickの2倍なのでかなり滑らかに動作してくれます。

処理速度について、実際に旧型Fire TV StickとAmazon Fire TV両方の操作画面を動画にとって比較してみました。

子供たちには、ママのリモコンの押す速度の違いやと笑われました。
ちゃうよ~!レスポンスを待って操作してるんやで~!

ということで、遅く操作しているように見えたり、速く操作しているように見えるのが「実際の私の体感」です。
分かりやすい動画とれたと思ったんだけど、確かにわざとらしく見えるわ…( ゚Д゚)笑

※動画は旧型Fire TV Stick、バージョンアップ前の画面です。

Fire TV Stick(旧型モデル)・・・リモコンボタンを押してから反応に少し時間がかかる。コンテンツが表示されるまでに時間がかかる。リモコンをゆっくり押しているというよりは、Fire TV Stickの反応や読み込みを待って操作しているのでこんな感じになっています。

Amazon Fire TV・・・スペックが高いのでサクサク動き、ノイズもなし。ノンストレスです。反応が早いのでリモコン操作も早くなっています。Fire TV Stick(新型モデル)も同じようにサクサク動作してくれています。

『Amazon Fire TV』に乗り換えて一番初めに感じたことは、

レスポンスが早くて感動( ;∀;)!!

ということでした。

スリープモードからの起動も早いです。

Fire TVは標準で音声認識リモコンがついてくるんですが、これがまたボタンとか押しやすくて操作性に貢献してくれてます。

音声認識リモコンどうなの?

※新型Fire TV Stickは初めから音声認識リモコン付きです。

firetvstick音声認識リモコン

ボタンの質感や大きさが旧型に付いていたスタンダードなリモコンと全然違います。
音声認識リモコンの方が高級感があってボタンの押し心地も良いです。

なのでスタンダードリモコンは子供用、音声認識リモコンはママ用です!笑
だってほら、子供が使ってるリモコン傷だらけだし。

firetvstickリモコン

音声認識リモコンでは、検索機能が格段に入力しやすくなります。

試しに、「トムクルーズぅぅ!」と叫んでみました!!
(この画像からトムクルーズの直前にノーマンリーダスぅぅ!って叫んだことモロバレなことに今気付いた( ゚Д゚))

※叫ばなくても、かなり小さな声でちゃんと認識してくれます。

検索機能

トムクルーズ検索

検索結果が、サッと出てきてくれました。
リモコンのボタンで入力するより、かなり早く便利だ~(´▽`*)
しかしプライム対象ビデオと、レンタルのものがごちゃ混ぜなので注意です…

※音声認識が有効なのはあくまでプライムビデオに対してだけです。他のアプリ内では使用できません。
例えばYouTubeのアプリ等で音声認識システムを使って検索はできません。

※新しいホーム画面になってからある程度ならYouTubeも音声検索できるようになりましたよ(*^^*)
Fire TVのホーム画面で通常通り音声検索して、その検索結果画面のYouTubeアプリを立ち上げれば、検索結果が出た状態でYouTubeアプリが立ち上がります。

プライムビデオの不満なところは、ビデオが探しにくいところですよね。
あらかじめパソコンやスマホで探して、ウォッチリストに登録しておくことをおススメします♪

>>Amazonプライムビデオのカテゴリー検索方法。効率の良い探し方は?

Fire TVに乗り換えた理由

長く使用しているとカクカクしてくる

Amazon Fire TVはメモリが2GBであるのに対して、Fire TV Stickはメモリが1GB。
これは新型Fire TV Stickでも同じです。

Amazon Fire TVをかれこれ1年近く使っていますが、今も動きはかなり滑らかです。
しかし母親にプレゼントしたFire TV Stick(旧型モデル)は動きがかなり重たくなっています。

※Fire TV Stickの新型モデルを半年使用してみましたが、動きがそこまでもたつくことはありませんでした。
ストレスやトラブルもほとんどなかったのでNEWモデルはかなり優秀ですよ♪

『Fire TV Stick』のノイズや発熱が気になった

私と同じトラブルで悩まされている方、おられないでしょうか?

スティック型はボックス型に比べて発熱しやすくエラーの原因になることがあります。
熱を持った状態で使っていると動きが悪くなったり、エラーが出たりというトラブルが起こることがあるのです。

私の場合は、Fire TV Stickで映画やビデオを視聴中ビー!というノイズ音が頻発したため『Fire TV』の購入を検討しました。
ビーという音や、その間の映像停止などを不快に感じてしまったんです(;_;)

視聴中のFire TV Stickは環境によっては触ったら火傷すんじゃないかってくらいの熱を持ちます。
こんなに発熱するならば、はたして寿命はどんなもんなんだろうか…

初期不良も多いようですし、すごい発熱なので製品自体の寿命も短いかもしれません。
またFire TV Stickを買いなおすよりも、初めからボックス型のFire TVを購入しても良いのではないでしょうか。

というか、私の場合はボックス型を買っていれば良かったなぁと思いました。
Fire TV Stickでノイズが出るかどうかは使ってみないと分からないので、結果論になっちゃいますが(^-^;

ノイズや発熱はスティック型の弱点なので、ボックス型の『Fire TV』で視聴するとこういったトラブルも回避することができます。
ボックス型にしてから今のところノイズなどのトラブルには無縁な状態です。

※新型Fire TV Stickも同時に使用していますが、こちらは今のところノイズのトラブルは見受けられません(*^^*)

Fire TVとFire TV Stickはどちらを購入すればいい?

つらつらと『Fire TV』について書いていますが、満足度はというとめちゃくちゃ高いです。
Fire TV Stickも十分快適で便利なものなのですが、反応の速さと、トラブルの少なさでこんなに快適に感じるとは想定以上でした。

Amazon Fire TVがおススメな人
  • Fire TV Stickの発熱が気になる
  • DAZNを利用する
  • 長時間使用する
  • 動画配信サービスをサクサク快適に利用したい
  • Fire TV でゲームをしたい
  • 高画質の動画を見たい
  • 有線LANでFire TVを使用したい

Fire TV Stickの魅力はとにかく安価なこと。高画質、高音質にこだわらない方、短時間の使用がメインの方、ゲームはしないという方はFire TV Stickを選択されても全くストレスなく使えます(*^^*)
プライム会員であればなおのこと購入して損はありません。

またプレゼントにもかなり喜ばれますよ♪

私は実家の母にプレゼントし、私のアカウントでプライムビデオやその他の動画配信サービスを共有しているのでめちゃくちゃお得です。
>>Fire TV Stickはプレゼントに超絶おすすめ!家族なら共有するのがお得すぎる。

DAZN視聴にはAmazon Fire TVがおすすめ

2017年に入り、一時Amazon Fire TVが品薄状態になっていました。
これは、2017年にスカパーからDAZN(ダゾーン)に放映権が移ったJリーグが関係していたようです。
DAZNを快適に観られるのは、読み込み速度が速いAmazon Fire TVが第一候補。

BOX型のAmazon Fire TVは有線でLANを繋ぐことができますし、無線LANでも高速のWi-Fi規格であるIEEE802.11acに対応していて、処理速度も速いという理由からDAZN目的で購入される方はStickタイプよりもBOXタイプのAmazon Fire TVを選ばれているようです。

また解像度についてもAmazon Fire TVが最大 4K Ultra HD、Fire TV Stickが最大 1080pとなっています。
高画質で動画を見たいとき、とくにスポーツ観戦などは有線LANも使用可能なAmazon Fire TVをおすすめします。
スポーツ観戦にはなるべく映像と音声のズレや途中で途切れたりしないスペックが求められます。

Fire TV はメモリがFire TV Stickよりも大きいのでサクサク見られるんですね。

※Fire TV Stick(NEWモデル)、Fire TV(NEWモデル)は別売りのイーサネットアダプタを使用することにより有線LANでつなぐことができるようになりました。
旧モデルのFire TVは本体にイーサネットが付いているのでアダプタは必要ありませんでした。
これにより、Fire TV Stickでも安定した通信ができるようになります。

>>Amazonイーサネットアダプタ

AmazonのサイトからはNEWモデルが出てきてしまうので旧型はこちらからどうぞ。
>>Amazon Fire TV(旧型)を見てみる

Fire TVシリーズはプライム会員でないと使えないのではないかと思われる方もあるかもしれませんが、プライム会員でなくてもアプリをダウンロードすることによって、HuluやNetfrix、dTVなども快適に観ることができます。
もちろん、DAZNだってAmazonプライム会員でなくても観られます。

Amazon Fire TV Stickで生活が楽しくなる!

Fire TV Stickを購入して以来、寝る前のフリータイムが楽しくて楽しくて仕方ありません。

私は映画が大好きなのですが、子供たちを寝かせてコーヒーを入れ、さぁのんびりしよう。
となったとき、今までは借りてきたレンタルビデオをごそごそ。
…あぁ、しまった。今日はこのビデオの気分じゃない。

そんなことが多々ありました。

が、今はプライム会員でもあるのでプライムビデオから選びたい放題!
泣きたいとき、笑いたいとき、気分に合わせて映画やドラマを選ぶことができます。

ちなみにプライムビデオに味をしめた私は、Netflix、Hulu、dTVと色んな動画配信サービスを楽しむようになりました。

AbemaTVを眺めていたり、時にはyoutubeに夢中になっていることも(*^^*)

私がFire TV Stickを購入して初めに視聴したのは「ウォーキングデッド」でした。

これを当時最新だったシリーズの5まで一気見できたことだけでもプライム会員になったこと、Fire TV Stickを購入したことの元が取れたなぁ~という感じでした。

シーズン1~5でDVD33枚。レンタルすると新作もあったので4000円以上になります。

月間の会員(400円)になって、ちゃっちゃと観てしまえばメチャクチャお得ですよね。
年会費(3900円)でも十分お得ですが(*^^*)
ちなみに私は1ヶ月でシーズン5まで一気見しちゃいました!
今ならシーズン7まで見放題になってるし、更にお得になってますね。

その後も子供たちがドラえもん、クレヨンしんちゃんや妖怪ウォッチ、ドキュメンタリーなども楽しんで見ていて本当に損しないどころかプライムビデオ見たいがために宿題早く終わらせてくれるし、Amazon本当にありがとうです。笑

リモコンやホーム画面がシンプルなので子供や高齢者でも迷うことなく、動画配信サービスを楽しむことができますよ。

>>Amazonプライムは30日間無料でお試しできます。

合わせて読まれている記事

Fire TV Stickの現在は?

初めに使っていた『Fire TV Stick』は、持ち運び用として重宝しています。

Wi-Fi環境とHDMI端子対応テレビさえあれば、どこでもFire TV Stickを使用してプライムビデオを楽しむことができます。

本体も小さいので出かけ先に持っていくのが便利です♪無駄にはならないもんですね~!

Fire TV Stick関連記事

関連記事

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す